子どもに勉強をさせたい!!でも、どうやって勉強させたらいいの??

 

こんにちは。

子どもはまだ0歳なのですが勉強をさせたいと思っています。

早すぎますか??

 

お母様からこんな質問を頂きました。

 

そんなことはありません。

教育者として、物心つく前から勉強して頂きたいです!!

 

でも、ネットで見ていても反対派が多いですよね。

私の考えって間違えているのかなと

不安になってしまいます…

 

私も反対派の方の意見を耳にする機会は多いです。

そのお話を聞くたびに「幼児の勉強」という考え方を

少し勘違いされているのではと残念に思うことがあります。

 

それはどういうことでしょうか??

 

それでは子どもたちの脳の発達の関係と一緒に

お話しいたしましょう!!

 

 

最近は早期教育に興味がある親御様がとても多くなってきましたよね。

とても素晴らしいことです(*^_^*)

 

でも、未だに反対意見もあります。

 

理由をお伺いしてみると

「幼児のうちはしっかり遊ばせておきたい」

「私も小学生から勉強したが能力的に問題がない」

「お金を出してまで勉強させる理由が分からない」

などたくさんの意見を頂きました。

 

考え方は人それぞれですので

とても必要なご意見だと思います。

 

でも、もしかしたらその考え方が

子どもたちの今後の成長を狭めてしまうかもしれません…

 

 

子どもたちにとっては全てが勉強です。

 

まず、勘違いしてほしくないことがあります。

 

多くの幼児教室が行っているお勉強は

『遊び→学び』です。

 

子どもたちは遊びながら勉強をしているのです。

 

「それだったら家でもできるじゃん!!」

私もそう思います。

 

学校のように長時間椅子に座ってお勉強ではなく

好きな場所で好きなおもちゃを使って

新しいことを学びや発見をしてくれればそれが勉強に繋がります。

 

 

子どもたちが今やっていることが勉強になるのか遊びになるのかは

親御様の声掛けによって変わると考えていただければと思います。

 

 

早期教育は考えられている以上に

簡単に楽しく行うことができますよ♪

 

 

早期教育を行うべき理由。

 

小さいうちからお勉強をさせたいなら

脳のことをまず知っておいて頂きたいです。

 

人間の脳は成長するにつれて大きくなっていくのは

あなたもご存知ですよね。

 

では子どもの脳が大人と同じ大きさになるのは

何歳ぐらいだと思いますか??

 

 

実は小学生になるころには

同じ大きさになっているのです!!

 

目に見える身体とは違い

脳はとても速いスピードで成長しているのですね。

 

そして、脳の成長は子どもがお腹にいるころから

始まっているのです。

 

 

人間の脳はまだ解明しきれていませんが

たくさんの能力を持っています。

 

しかし、その能力は使っていかなければ

脳の成長と共に衰退し失われてしまいます。

 

 

子どもの中に異常に記憶力が良いお子さんがいたり

次の日の天気をパッと当てられたりする子がいますよね。

 

脳の能力を引き出してあげられたからこそ

開花している能力なのです。

 

 

その子が特別なのではありません。

 

あなたにもあなたのお子様にも

その能力は備わっています!!

 

その能力を開花させてあげるか

成長と共に衰退させてしまうかは親次第なのです。

 

 

小学生に上がるまでにたくさんのことをやらせてあげることで

脳は活性化されます。

 

子どもたちに勉強をさせたい!!何から始めるべき??

 

脳を発達させる面でも

早期教育はとても大切な役割を果たしているのですね!!

 

そうなんです!!

しかも脳の発達は大人になってから

やりたいと思ってもなかなかできるものではありません。

成長途中の子どもたちの脳だからこそ

早く良い能力を開花させてあげることが出来るのです。

 

早期教育の大切さがよくわかりました。

やはり子供に勉強をさせたいです!!

どんなことをしたらいいのでしょうか??

 

それでは簡単にお家で出来ることから始めましょう!!

 

 

先ほどもお伝えしましたが

子どもたちにとって遊びは学びです。

 

何気なく遊んでいるようですが

お母様・お父様の声掛け次第でお勉強にすることが可能になります!!

 

 

例えばお子様が積み木で遊んでいるとしましょう。

お母様とお父様も時間が許す限り一緒に遊んであげますよね。

 

お子様は自由に

積み木を積んで遊んでいるかもしれません。

 

その横で同じ積み木を使いながら

こんな声掛けをしてみてください。

 

「○○ちゃんが持っているのは、四角い積み木だね。

あっっ。ママ(パパ)が持っているのも四角だね。同じだ!!」

 

もうこれだけで立派なお勉強です(*^_^*)

簡単ですね。

 

他にも

「四角い積み木の上に三角屋根が乗っかって

お家が出来た!!」

 

今度は積み木をいくつか使ってお家が出来上がりました(^◇^)

同じ積み木がいくつかあるのであれば

親子で同じものを作ってみても楽しいです。

 

子どもたちは最初親がやっていることを見ているだけかもしれません。

もしかするとガシャンッと崩してしまうかもしれません。

 

崩してしまうのも積み木を使う楽しみです!!

また同じような声掛けをしながら積んであげたり

「崩れた音、楽しいね(^^)/」

と今度はいろいろな音を聞く勉強にすることも出来ます。

 

子どもがやることを全て勉強につなげることが出来ますよ♪

 

親が楽しそうにやっていると

子どもたちも真似したくなるものです。

 

いつの間にか同じことをするようになり。

同じことを言うようになり。

いつの間にか家の中にある同じ形を言うようになってしまいます。

 

 

こんな風に子どもと過ごせたら

絶対子育ても楽しいですよね!!

 

子どもたちに勉強をさせたい。

と思った時から学びは始まっているのです。

 

あなたも是非こんな勉強からやってみてください。

勉強が楽しいものだとわかると今度は子どもたちが

「勉強したい!!」という気持ちになってくれますよ(*^_^*)

 

あなたにおすすめの記事↓↓

勉強を強要する親は嫌われる…勉強させるには駆け引きが大事