絵本の読み聞かせは5分くらいがベスト??どんな絵本がいい??

 

小さなお子様は、

基本的に絵本が大好きですよね~

 

きっとこの記事を見ているあなたは、

小さなお子様がいらっしゃって、

絵本を子供に読むことが、

子供が心の底から喜んでいるでしょう。

 

私は幼児教室で先生をしているのですが、

授業の内容として絵本を読むこともあります。

 

子供たちはもう釘付けですよ~

目がしっかりと見開いて、

見せている絵本の絵を確実に見ながら、

私のお話を聞いてるのです。

 

もう私自身、子供たちを見ているだけで、

心が何度も癒されたことか。

とにかくかわいいんですよね~

 

ちょっと話が逸れてしまいましたね…

大変申し訳ありません。

 

それできっとあなたはお子様に絵本を読んでいると思います。

子供があなたの声を聞いて、

キャッキャしているのも容易に想像できますね。

 

ここであなたに聞きたいことがあるのですが、

あなたは絵本を読む際にどれくらいの時間をかけていますか??

きっとそこまでたくさんの時間をかけられないでしょう。

 

私の幼児教室にきている親御さんに話を聞いてみたのですが、

大体の人が10分くらいで絵本の読み聞かせは終了している。

という情報を手に入れたのです。

 

なんで10分という数字なのか??

さらに掘り下げて親御さんに話を聞いてみますと、

家のことなどを重点的にやっているので、

時間の確保が非常に厳しいから…

という意見が一番多かったですね。

 

時間がないという人たちの気持ちは痛いほど理解できます。

だって子供がいてさらに旦那の世話もしないといけない。

 

いくら時間があっても足りないという感覚になるのです。

実際に時間が無いという感覚は正しいですがね。

 

しかも絵本の読み聞かせって、

子供からすればいろんな言葉を覚えるチャンス。

ですが読み手である親の時間があまりないので、

そのチャンスを生かしきれてないと

あなたは考えているのではないでしょうか??

 

確かに時間が確保できないで、

子供になかなか絵本の読み聞かせができないのは、

あなたとしてもかなりの不服でしょう…

 

ですが時間があまり無いあなたに朗報です!!

別に絵本の読み聞かせって5分くらいでいいんですよ~

 

実は私は幼児教室の授業で絵本を読んでいるのですが、

その時間はたったの5分程度。

なので時間のないあなたでも、

5分くらいなら確保できるのではないでしょうか??

 

絵本の読み聞かせで大切なこと!!子供の自我について考えて見ましょう!!

↓ ↓ ↓

生後8ヶ月くらいの子供の自我がすごい…

 

子供が集中できる時間ってあなたが思っているよりも少ないのです!!

 

 

子供ってビックリするくらい

集中力が少ないのですよ。

 

なので絵本の読み聞かせをするにあたり、

そこまで膨大な時間は必要ではありません。

 

幼児教室に来ている親御さんで、

たまに1時間くらい読み聞かせしていますよ~

っとおっしゃっている方がいるのですが、

実は長い時間してもあまり意味がないのです…

 

子供が集中できる時間って大体、「年齢+1分」が限度と言われています。

 

だから長い時間読み聞かせしても、

大きな効果に期待できないのですよ。

 

なので時間の無いあなたからしたら、

とってもラッキーだと思いませんか??

 

だって子供の集中力が持つ時間が分かれば、

それにそった教育をすればいいのですから。

効果のない勉強をしてもあんまり意味がありませんからね。

 

ちょっと辛らつな言い方をするのですが、

時間を捨てていることと一緒になるのです。

 

5分、長くて10分くらいが絵本の読み聞かせをするといいでしょう。

 

読み聞かせは5分~10分くらいすれば、

全く問題ないと私は考えています。

 

私は授業でたまに10分くらい読み聞かせをするのですが、

子供の集中力がどんどん減っているのが、

見て分かるのですよ。

 

なので具体的な数値でいいますと、

大体10分が絵本の読み聞かせの限度と考えましょう。

 

別に10分もしなくてもいいですよ。

5分くらいで集中力が切れる子もいらっしゃるので。

 

あなたが自分のお子様に対して、

実際に絵本の読み聞かせをしてみるといいでしょう。

 

これをすることで子供の限界を知ることができますから。

 

絵本はあなたが持っているもので工夫するといいでしょう

 

 

後問題は絵本の種類ですね。

5分間で読み終える絵本を、

片っ端から購入してもいいのですが、

絵本って意外と高いので、

ちょっとこの点で困るんですよ~

 

なのであなたが現在持っている絵本で、

読み聞かせを何度もしても問題ありません。

 

あなたはどんな絵本を持っていますか??

5分くらいで終わらない絵本を多分持っているでしょう。

 

そんな場合は、絵本を区切って読むといいですよ♪

それを何度も5分程度で収めることで、

子供もしっかりと絵本の内容を理解しますから。

 

後は読み手であるあなたが、

本を読む際に抑揚を付けることも大切です。

 

子供の集中力のキープさせることができますから。

あなた次第では子供の読み聞かせの効率が、

一気に増大する可能性があるので、

意識的に抑揚を付けてみてくださいね。

 

私も抑揚を付ける読み方は練習して、

かなり子供が集中して絵本の読み聞かせに対する

集中力がすごく伸びましたから。

 

絵本で知識を習得するのもいいのですが、以下の方法でさらに知識を付けれます♪

↓ ↓ ↓

フラッシュカードで絵本以外の知識をさらに蓄えましょう!!