幼児の子供に思考力のトレーニングをしっかりとさせたい!!

 

 

「思考力」というのは生きる上で非常に大切な能力です。

きっとあなたもこの点は大いに納得しているでしょう。

 

 

思考力がないと、

もし仮に大きな問題が子供の前に立ち塞がったら、

子供はその問題に対してどう立ち向かうのか??

という考えができない可能性がありますからね。

 

 

そんな子供はあまり見たくないですよね。

バリバリ難問に立ち向かって、

立派に活躍をしている大人になって欲しい!!

もしくは幸せになって欲しい!!

とあなたは考えているのではないでしょうか??

 

 

そういう風な大人に成長してもらうためには、

やはり思考力は欠かせませんね…

考えて考えて考えまくって、

子供はどんどん成長していくので、

思考力がないと考えることすら放棄してしまいますから。

 

 

さて、思考力のある子供を育てるためには、

親として一体どんなことをしていけばいいのでしょうか??

 

 

きっと今のあなたのお子様は「幼児」に

分類されるお年でしょう。

この記事タイトルではそのように書いていますからね。

 

 

ですが幼児に一体どうやって教えていけばいいのか…

そもそも幼児にそんな理解力はあるのか??

などの不安があなたにはあることでしょう。

 

 

でも安心してください!!

私は幼児教室で先生をしているものなので、

幼少期のお勉強に関してはプロを名乗っています。

なのであなたは安心してこの記事を読み進めて欲しいのです!!

 

 

幼児の思考力を特に気にしているならば以下の記事もどうぞ♪

↓ ↓ ↓

考える力を徹底的に育てるなら幼児教室は欠かせない!?

 

 

幼少期から思考力を鍛えるために大切なこととは??

 

 

 

 

あなたにとって思考力とは一体どういうものですか??

きっと自分で解決策を考えて、

自分でどんどん対処をすることを

指しているのではないでしょうか??

 

 

そこであなたに聞きたいことがあるのですが、

他のサイト様では思考力を鍛えるために

「プリント学習が大切だ!!」

と説明しているところが多いのですよ。

 

 

確かにプリント学習は大切なのですが、

プリント学習って学校での思考力になるんですよね。

もちろんプリント学習も思考力を育てる方法なのですが、

私の中ではちょっと違うかなと思っているのです。

 

 

じゃあ一体どうやって幼児からの思考力を鍛えればいいのか??

問題はこの方法になりますよね。

 

 

常に「何で??」を考えさせることがポイント

 

 

思考力を徹底的に鍛えるにあたり、

まずは子供に「何でそうなるの??」

という疑問を持たせることが大切です。

 

 

幼少期ってまだまだ知らないことだらけですね。

まぁ、大人もそうなのですが…

 

 

ですが幼少期はこれから当たり前のことを勉強をしていくので、

今の内に「何でそうなるの??」という考えを定着しておくことで、

自ら思考をするようになるのですよ。

 

 

ここであなたがやるべきこととは、

あなたがやることなすこと子供に質問をすることです!!

 

 

例えばですが鳥が飛んでいたら幼児の子供に、

「鳥さんって何で飛んでいるのかな~」

なんて何気なく聞くのがポイント。

きっと子供は必死になって考えるでしょうから。

 

 

日常的にあることを、

子供に聞いて考えさせるのが大切になるのです!!

 

 

調べるための能力を育てるとなお良し!!

 

 

後はここからは幼児にしては

応用的な問題になります。

 

 

子供って基本的に何でもかんでも

分からないことがあったら、

あなたに聞いてくることが多いでしょう。

 

 

その時にあなたはすぐに答えを教えないようにするのです!!

子供にヒントを与えるのはいいですよ。

 

 

でも答えだけは絶対に教えないようにするのが大切になります。

私がここで説明をしたいのは、

子供に調べる能力を養って欲しいのです。

調べる能力が高いと、

大きな問題に直面しても、

どんどん調べて自分でヒントを見つけてくるようになりますから。

 

 

社会的に超必要な大人になることでしょう。

なので答えを教えずに自分で調べさせることも大切です。

 

 

幼児に考える能力を鍛えて欲しいのですが、苦手な場合はどうしたら??

↓ ↓ ↓

子供が考える力が非常に苦手な場合はどう対処すれば??