子供がしっかりと賢くなるには親としてどう接すべきか??

 

この記事は、

「どうやったら子供は賢くなるのか??」

についてまとめたものになります。

 

この記事を見ているあなたは、

きっと自分のお子様を

賢くしたいと考えていますよね~

 

少し話が逸れるのですが、

私は昔あまりお勉強をしていませんでした…

なので成績がそこまで良くなく、

今では

「何で子供の時にしっかりと勉強をしておかなかったのか??」

という後悔をしているのです…

 

もしかしたらあなたも私と同じように、

もっと子供の時に勉強をしておけばよかった。

と考えているのではないでしょうか??

 

もしあなたがそのように考えているのであれば、

この記事を是非とも読み進めて欲しいのです!!

 

ちなみに私は社会人になって、

勉強をしてこなかったことを後悔しました。

 

ですが辛い辛い勉強をして、

今では幼児教室で先生として働いているのです。

 

幼児教室ではたくさんの子供がやってきます。

さらに教育ママさんもたくさんやってくるのです。

 

どの親御さんも

「子供の学力をしっかり上げたいのです!!」

という思いを込めてきています。

 

あなたのお子様は幼児教室に通っていないかもしれないのですが、

通ってくる人と同じ思いがあるのは間違いないと思うのです。

じゃないとこの記事を読み進めるなんてことはしませんから。

 

なんであなたはお子様を賢くしたいのですか??

いろいろな理由がきっとあることでしょう。

 

あなたが歩んできた人生の中で、

多分ですが学力が影響するような出来事があったのでは??

私も学力があまりないことで、

満足が行くような人生が歩めませんでしたから。

 

だからこそ自分の子供だけは、

賢くなって幸せな人生を生きて欲しい!!

と考えていることでしょう。

 

私もあなたの意見には大賛成です。

ですが一体どうやって子供は賢くなるのでしょうか??

この点が一番知りたいですよね~

 

この記事で徹底的にまとめたいと思います。

 

子供が賢くなるための方法は習い事がいい!?

↓ ↓ ↓

子供の頭を賢くするためには習い事が必須!?

 

子供が賢くなる方法ってたくさんあるのです!!

 

 

子供をしっかりと賢い人間にしたい!!

でもいい方法が見つからない…

 

たくさんの親御さんがそんな感じに悩んでいるのです。

そんな親御さんの気持ちは痛いほど理解できます。

 

ですがもうちょっと柔らかく考えてみてください。

 

まず考えて欲しいのが、

賢くなるとは一体どういうことなのか??

 

賢いという言葉はあまりにも幅が広いと

あなたは感じませんか??

 

学力的な意味なのか、

人間的な意味なのか、

などたくさんの賢さがありますよね。

 

多分ですがあなたが考えていることでは、

学力的な賢さを子供に兼ね添えて欲しいのでは??

 

やはり学力ってかなり重要視されますから…

じゃあ学力的な意味でどうやって

子供を賢くすればいいのでしょうか??

 

勉強をやらせるというよりも優先すべきことがあります!!

 

子供の学力を上げるためには、

きっと勉強をするしかない!!

とあなたは考えると思います。

 

確かにあなたのおっしゃる通りです。

だって勉強をしないと学力は上がりませんから。

それにあなたが必死に勉強をすることで

子供が賢くなる訳ではありません。

 

だからこそ子供に強制的に勉強をしてもらう

という方法が真っ先に思い付くことでしょう。

 

ですが子供に勉強を強制的にやらせても、

悲しいことに全く結果が出ないと思います。

 

多分あなたも分かっていることでしょうが、

無理やり子供に勉強をさせたとしても、

集中して勉強をしないので、

成績が上がらないのですよ…

 

ここで私が言いたいことは、

あなたのお子様が自らお勉強をすることが、

一番の成績上昇の効率がいいのです。

 

ですが子供が自ら勉強をするって…

かなり夢見たいな話ではないのか??

とあなたは感じることでしょう。

私も実際に子供の頃は、

親から言われないとやっていませんでしたから。

 

なのでなおさら子供の成績向上は、

不可能に近い話ではないのか??

っと感じてしまうのですね。

 

あなたは何のために勉強が大切だと思うのですか??

 

この記事の冒頭でも聞きましたが、

あなたは何のために、

子供に勉強をさせようとしているのですか??

 

もう一度確認をして欲しいのです。

何で私はこんなことを言っているのか??

 

子供に勉強をする目的を教えてあげて欲しいからです!!

 

子供はきっと

「何のために勉強をするのか??」

という理由が分かりません。

 

多分ですが詳しい理由は私やあなたにも分からないでしょう。

ですが漠然とした理由ならば教えることができます。

 

私は子供の頃からしっかりと勉強をすることで

将来のためになる

というのは大人になった今でも重々承知しているのです。

あなたも私と同じ気持ちではないでしょうか??

 

だったら将来のためになることと勉強の関係性を

しっかりと子供に教えたらいいのですよ。

 

それでも子供は勉強をする意味を見出せないでしょう。

なのでしつこく何度も子供とぶつかることで、

きっとあなたの思いはお子様に届くと思います。

 

子供と親が何度もぶつかることで、

最終的には最高のコミュニケーションになるのです。

このコミュニケーションこそが、

子供にとっては勉強をするというマインドに変わります。

 

ここまで来ればきっとあなたのお子様は、

勉強を意図的にする可能性が飛躍的に上がるのです。

 

子供の才能は最高の勉強道具になる!?

↓ ↓ ↓

実は子供の才能って未知数!?勉強に応用できる!?