子供の負けん気がないので心配すぎる…もっと強くなってほしい!!

 

 

我が子はとてもやさしいです(*´ω`)

とてもいい子に育ってくれたな♪

と感じているのですが1つ問題が…

 

優しすぎるがゆえに

何をするにも競争心がありません。

 

お友達におもちゃをとられても平気。

滑り台の順番を抜かされても

グッと我慢しています。

 

毎回思っていることをもっと

お友達に伝えてもいいのに…

と親心ながら心配になってしまいます。

 

 

この前なんてもっとびっくりする事件が起きました。

子供がお友達に突き飛ばされたのです。

 

私はとても腹が立ちました。

でも子供は泣くのを我慢して

「大丈夫。大丈夫。」

と言っているのです。

 

子供のことを思うと段々悲しくなってしまいました。

 

 

これから大人になるにつれて

世界も広がるし競わなければいけない場面が

たくさんあると思います。

 

そのやさしさで自分の意見を言えなかったり

損をすることがあるのではないかと今から心配でたまりません。

 

 

負けん気がない我が子を

どうにかしてもっと強い子に育てることは

できませんか⁇

 

 

 

最近、負けん気がない子どもがとても増えているそうです。

 

かけっこをしてお友達に負けても平気。

嫌なちょっかいを出されても何も言い返せない…

 

 

我が子には嫌なことは嫌。

とはっきり口にできるようになってほしいですね。

 

 

 

子供が自身が「負ける」という意味を理解していない可能性がある。

 

 

あなたの子供は競争心がありますか⁇

 

あまりお友達と遊んだり競ったりすることがなかったら

「負ける」ということを知らないかもしれません。

 

お友達と競っても

勝った・負けたという感情がないのです。

 

 

幼児教室では自分に勝てるかどうかで

お友達と競ってはいけないと教えていますが

実際は競争心も必要だと考えています。

 

 

(幼児教室で競わないように教えている理由は

天狗になってしまわないようにするためです。

 

自分が一番!!自分は頭がいい!!

って表に出している子って将来嫌われますよね。

『能ある鷹は爪を隠す』とよく言い聞かせています。)

 

 

お友達に勝ったという気持ちは

声には出さない方がいいですが

子供たちの自信につながります!!

 

お友達に負けても「次は絶対勝つぞ!!」

と努力することが出来ますよね(^^)

 

まずは自宅でお母さん・お父さんと

勝負してみるといいでしょう。

 

子供たちに勝つ喜びを教えることも出来ますし

負けたら悔しいという気持ちを引き出すことも出来ます。

 

3回に1度は大人が勝つといいですね。

 

負けん気がないのは悪いことではない。

 

たまに負けん気がない子供に

無理矢理気持ちを押し付けようとする親がいます。

 

 

あなたも考えてみてください。

負けん気がないのはそんなに悪いことなのでしょうか??

 

そんなことはありませんよね。

 

負けん気がないということはむしろやさしさがあり

相手を思いやることができる子だと私は考えています。

 

それって負けん気を教えるよりも

難しいことだと思いませんか??

 

 

あなたのお子さんはとても素晴らしい子に

育ってくれていますね(^^)

あなたの努力のたまものです!!

 

 

負けん気を教えるよりももっと子どもたちに

教えてほしいことがあります。

 

それは何事にも努力すること!!

 

 

努力は何歳になっても必要です。

 

子供に競うことばかりを教えてしまうと

勝てないと思った時点で

子供は努力をしようとしなくなります。

 

負けても仕方がないと思ってしまうのです。

 

 

でも本当は努力を怠らなければ

将来勝つことが出来ることってたくさんありますよね♪

 

 

あなたも経験していると思いますが

人に勝つことよりも努力をし続ける方が

何倍も難しいことです。

 

子供にはまず努力をすることを教えてあげてください。

 

 

努力をし続ければいずれ

「これだけは誰にも負けない。負けたくない!!」

というものに子供自身が出会うはずです。

 

 

負けん気がないのを気にするよりも、たくさんほめて自信をつけさせよう!!

 

 

子供がお友達と勝負をして楽しいと思える

一番の理由は『親が褒めてくれるから』

 

子供たちは何よりも

親に褒めてもらうことが一番好きです♡♡

 

 

ちょっとしたことでもたくさん

褒めてあげてください!!

 

特に今までできなかったのに

出来るようになったことなどは

大げさに褒めてあげてもいいぐらいです。

 

だってそれだけ努力してきたんですから(*^_^*)

 

 

たくさんほめられて自信が付いた子は

負けたくないものが必ず出来ます。

 

それさえ見つかれば

努力を怠ることはありません。

 

そして自然と負けん気が付きます。

 

 

結局親の言葉がけしだいなんですよね。

適切な言葉がけが一番難しいんですが…

 

幼児教室の講師をしている私だって

間違った言葉がけをすることがあります。

 

 

でもそんな時は素直に謝って

しっかりと子どもたちとお話しすると

ちゃんと理解してくれます!!

 

私にできるのだから

あなたにもできますよ(^^)

 

 

負けん気がない今のいいところを残しながら

将来に向けて闘争心も養えたら素晴らしいですね♪

 

あなたにおすすめの記事↓↓

子供の好奇心を育むことで、将来有望な人になれる!?