言葉の発達を促す方法にはどんなものがあるの??発達が遅くて心配。

 

「我が子の発語が遅くて心配です…」

 

発達検査などをすると大体の方が引っかかる発語。

我が子も例外ではありませんでした…

 

初めての子どもだと余計心配になりますよね。

もう少し発語が進めば安心なんですが。

 

言葉の発達を促す方法ってどんなものがあるのでしょうか??

 

言葉の発達が遅い…我が子の成長が遅いのは親のせい⁇

 

私の勤めている幼児教室は

6ヶ月から通うことが出来ます。

 

多くの生徒さんが早いうちから始めていますが

お教室を体験される理由で多いのが

「発語が遅いと言われたから」というものです。

 

とっても心配される方が多いのですが

人にそれぞれ個性があるように言葉の発達も

子どもによって様々。

 

覚えた言葉をどんどん使うことのできる子もいれば

頭の中に言葉が増えたら急にしゃべり出す子もいるのです。

 

私はそれを個性だと思っています。

親のせいではありません。

 

「我が子はこういうタイプの子どもなんだ」

と親であるあなたが一番の理解者になってあげてください!!

 

他の子どもと比べたって

今目の前にいる我が子の状況は変わりませんよ。

 

他のこと比べるのではなく

子どものペースで成長できるように見守ってあげるのが

子どもにとっては一番の成長につながります!!

 

親が子どもを認めてあげることが大切なのです(^^)

なので親である自分を責める必要もありません。

 

子どもによって発語のスピードは様々。

 

まずは個性と同じように

子どもによって発語のスピードは違うということを

しっかり理解してあげましょう!!

 

親が子どもの発語を心配してしまうと

その思いは子どもに伝染してしまいます。

 

そうなってしまうともっと大変。

 

子どもの発語はもっと遅れるかもしれません。

そして将来「自分はダメな子なんだ…」と

自信を持てない性格になってしまうかもしれないのです。

 

それこそ親のせいですよ。

 

子どもの今の状況を認めてほめてあげる方が

断然子どものためになります!!

 

 

子どもの発語のスピードには

大きく分けて2つあると思います。

 

バケツ=脳 水=言葉

だと思ってください。

 

『バケツに水が溜まる前に少しずつ外に吐き出すことが出来るタイプ』

『水がバケツからあふれるほど溜まるまで待つタイプ』

 

 

前者は新しい言葉を覚えたらどんどん使っていけます。

 

後者は新しい言葉を覚えても自分の決めた量に

達していないため発語としては出てきません。

でも一度あふれだしたら止まらないので

どんどん言葉を発語するようになるのです!!

 

結局どちらも言葉が出るようになったら

成長速度は変わりません。

 

言葉の発達を促す方法として散歩がおすすめ!!

 

言葉の発達を促す方法はとっても簡単!!

水がバケツからあふれ出すのと同じように

言葉のシャワーを思いっきりかけてあげればいいのです。

 

言葉が溜め込めないほどたくさん入ることで

いつの間にか言葉は発達していきます。

 

そんなこと言われたって

具体的には何をしたらいいのか悩んでしまいますよね。

 

 

今すぐできておすすめなのが「散歩」です。

 

ほとんど家に籠っている子どもには

特に有効な手段です!!

 

散歩に出かけるといろいろなものを

見つけることが出来ますね。

 

例えば、ちょうちょが飛んでいるとしましょう。

 

あなたは子どもに

「ちょうちょが飛んでるね。」

と声をかけるのではありませんか??

 

そこに少し工夫をしてみてください。

「白いちょうちょが飛んでるね。」

「ちょうちょがひらひら飛んでるね。」

 

これだけでも普段の会話に

新しい言葉がプラスされました!!

 

このように見えたものの色や形、数などを

自由な発想で子どもにお話ししてあげましょう。

 

最近の親で気になるのは

あまり子どもに声をかけない方。

 

ただただ散歩をするだけ。

子どもはいろいろなものに目を輝かせているのに

それに気づかないなんてもったいない…

 

子どもにとっては目に見えるもの全てが新しく

勉強になるものばかり。

 

子どものちょっとした変化に気付かないのは

勉強のチャンスを逃していますよ。

 

この記事を読んでいるあなたは

絶対にこのような方にはならないでください。

 

言葉の発達を促す方法は他にもないの??

 

言葉の発達を促す方法として

他にはフラッシュカードや絵本などもおすすめです。

 

散歩だとどうしても天気に左右されてしまいますよね。

 

その点、フラッシュカードや絵本は

いつでもどこでもできます!!

 

 

特にフラッシュカードは

実際に効果を実感する機会がありました。

私のお教室でもフラッシュカードを見せています。

 

お子さんはその時3歳になったばかり。

とりあえず体験ということでレッスンをしました。

 

しゃべる言葉は1語のみ。

少し発語が遅いと心配されていたようなのですが

お教室の体験をして1週間後に会ってびっくり!!

 

流暢に2語文を話しているのです(゜-゜)

短期間でここまで成長した子を見るのは

初めてだったのでお母様にお伺いたのですが

「体験をした次の日から急に言葉を話し始めた」

とのこと。

 

結局言葉が遅かったのは

しゃべれる単語が少なかったんですね。

 

それからはどんどんと言葉が

上手になっていきました!!

 

子どもの言葉の発達が気になる方は

一度フラッシュカードをやっているお教室を

体験してみてもいいと思いますよ!!

 

フラッシュカードは1度体験するだけでも

効果大です♪

 

あなたにおすすめの記事↓↓

子供の好奇心を育むことで将来有望な人になる⁇