幼児の勉強は何時ごろにするべき⁇適した時間帯が知りたい!!

小学生以降になると学校があるので

必然的に勉強する時間帯が決まってきますよね。

 

では幼児の場合はどうなのでしょうか⁇

 

「勉強をさせたいけど

子どもの頭に一番入る時間帯にやりたい。」

「どうしても勉強する時間帯を逃してしまう…」

 

そんなお悩みがある親御さんは

本当に勉強熱心な方でしょうね。

 

幼児の勉強に適した時間帯は、子供によって違う

 

 

最近はたくさんの方が早期幼児教育に興味を持っておられますね。

私のお教室にもたくさんの生徒さんがいらっしゃいます。

 

親子で楽しそうに勉強されている姿は

いつ見ても微笑ましく私も笑顔になっていきます♪

 

そんな時にこんな質問を頂きました。

 

 

お家でも勉強をしているのですが

なかなか成果が見えず悩んでいます…

どの時間帯にするべきなのでしょうか⁇

 

 

今までたくさんの幼児のクラスを担当していますが

いつも回答に悩んでしまう質問です。

 

悩む理由は『家の環境や幼児によって違うから』です。

 

勉強に適した時間は

お家での生活サイクルで大きく変わってきます。

 

そして一番難しいのは

幼児の状態がその日その日で全く違うからです。

 

 

朝は何時に起きているのか

お昼寝は何時ごろなのか

夜は何時に寝るのか…

 

子どもの中で大体のサイクルが決まっているのであれば

ある程度の予測はできます。

 

でもそれも確実ではないことを覚えておいてください。

 

1週間に合計100時間勉強をしたら、嫌でも頭がよくなるのでは??

 

子どもの様子を見ながら、勉強時間帯を見極めよう

 

子どもの勉強する時間帯に悩んだら

まずは子どもの行動観察から始めましょう!!

 

いつも何時ごろに起きているのか

お昼寝は何時なのか

夜は何時に寝ているのか

 

適した勉強時間帯を探るなら

寝るタイミングを知るのが一番です(^.^)

 

 

だって大人でもそうじゃないですか⁇

眠かったら勉強しても頭に入ってこないし

イライラしてなにも手につかなくなりますよね。

 

 

幼児の子供たちは今

基礎体力をつけているところです。

 

昼寝が必要なのも体力が足りず

疲れやすいからなのです。

 

そんな時に無理やり勉強を強要されたら

誰だっていやですよね。

 

いやいやが続くと勉強どころではなくなって

いずれ勉強嫌いなお子さんになってしまいますよ。

 

子どもに勉強させたいなら、寝る時間を攻略すべし!!

 

とにかく眠くなる時間やぐずりやすい時間に

勉強をさせるのはやめましょう。

 

私の経験では

1時頃お昼寝をする幼児であれば

午前中からお昼ご飯前がねらい目!!

 

夕方4時頃などにお昼寝をすることが多い幼児であれば

お昼ご飯を食べた後がねらい目!!

 

機嫌もよく勉強を楽しんでくれていることが多いような気がします。

 

また毎日の勉強する時間帯を決めておくのもいいですよ!!

 

何時から何時までは勉強する時間と決めてあげると

習慣が身につくようになります。

 

時計がわかるようになると自分から

「勉強時間になったよ!!」と声をかけてくれるようにもなりますね。

 

5歳の子供のお勉強の適した時間を知りたいのです!!

 

幼児に勉強させたいなら求めすぎない。

 

 

子どもたちにとっては

今やっていること全てが新しく楽しいことばかりです。

 

そのため勉強も喜んでしてくれます。

でもやらせすぎには注意しましょう(;´・ω・)

 

嫌がることを無理やりやらせたり、できるからとずっとやらせていては

すぐにやらなくなってしまいます。

 

 

子どもとの関係も駆け引きなのです(笑)

 

恋愛も毎日押しっぱなしでは

相手がつかれて嫌になってしまいますよね。

 

それと同じで子どもたちも毎日同じことをやらされたり

無理やりやらされると確実に勉強嫌いになってしまいます。

 

 

子どもたちの様子を見ながら

「もっとやりたいな♪」と思っているところで

他の勉強にしたり、おしまいにしてあげましょう!!

 

「明日またお勉強しようね(*’ω’*)」

 

と声をかけてあげると次の日の楽しみができますし

子どもたちが自ら「お勉強する~(*´▽`*)」と

声をかけてくれるようになりますよ。

 

何か出来たらたくさん褒めてあげよう。

 

お教室のお母様でもよくいらっしゃるのですが

子どもの能力以上のことを求めていることがあります。

 

「これぐらいできるでしょ」

「なんでこんなこともできないの⁉⁉」

 

イライラしてしまう気持ちもわかりますが

それでは子どもたちは勉強=怒られるになってしまいますよ。

 

1人でできなければ、一緒にやってあげればいいのです。

 

何度か一緒にやって「今度はママに教えてほしいな♪」

と教え合いをしてもらってください。

 

 

そしてこれが最も大切なことなのですが

子どもたちはお母さん・お父さんに褒めてもらいたいのです。

 

何か新しいことができるようになったり

最後までやり切ったときは思いっきり褒めてあげましょう!!

 

大袈裟なぐらいがいいですよ( *´艸`)

 

「○○は天才だね!!」

「こんなに偉い子見たことがない!!」

「自慢の子供だ!!」

 

子どもたちは褒められたらまた褒めてもらいたくて

自分から新しいことに挑戦するようになります。

 

これで自立心も鍛えられますね。

 

子どもたちにとっては勉強はどれも

初めてのことで今自分でできるように練習している最中です。

 

お勉強は親子で楽しんでやりましょう♪