年少になった子供に算数をやらせたい!!どう教えればいい??

 

 

年少さんということは

3~4歳のお子様があなたにいらっしゃるのですね。

まだまだかわいさが抜けてない年齢でもあります。

 

 

さてそんな年少さんに小学生の算数のお勉強をさせたい!!

あなたはそんな気持ちを持ってこの記事にたどりついたのでしょう。

 

 

確かに今のうちに小学生の内容ができていれば、

小学生になったらトップクラスの成績を収めて、

どんどん勉強の内容を濃くすることができますから。

またはもしかしたらあなたは小学校受験を考えているかもしれません。

 

 

小学校受験を考えている人は以下の記事を参考にしてください。

↓ ↓ ↓

小学校受験の効率を高めるために塾のかけもちはOK??

本気で小学校受験を考えているのですが、どんなスケジュールがおすすめですか??

受験を控えているのにケアレスミスを連発してしまって点数が取れない…

 

 

さて、ここからは小学校受験を、

視野に入れてない人へ向けての内容になります。

 

 

あなたは何で年少のお子様に

算数を教えたいと考えているのですか??

きっといろんな思惑があって計画をしているのでしょう。

もし何となく勉強をしてもらいたいというのが本音であれば、

無理な勉強をさせるのはやめてくださいね??

子供があまりにもかわいそうですから。

 

 

私は幼児教室で先生をしているものでして、

年少さんのクラスは毎日のように授業を行っています。

そこではもちろんですが算数とまではいいませんが、

簡単な数の数え方や読み方などを勉強しているのです。

 

 

あなたの中では算数の中でどこまで子供に勉強をして欲しいですか??

数が書けるところまで??

もしかして足し算ができるところまで??

いろんな区切りがあるのですがどこまで勉強をして欲しいのですか??

 

 

あなたに質問ばかりをしてしまい申し訳ありません。

こんなことを言ってはいけないのですが、

親というのは子供にはしっかりと勉強をして欲しいと思うものです。

ですがこれの要求量が多くなってしまっては、

子供が本当にストレスを抱えてしまって、

最悪の場合非行に走る危険性だってあるのですよ。

 

 

あなたが算数というお勉強について、

どこまで考えているのかを私は知りたいのです。

子供にとにかく勉強をしなさいと言っても、

子供からすると訳が分かりませんから…

 

 

なのである程度の区切りを考えて、

子供と一緒にその目標に向かって歩いていくことが、

親としての勉強に関しての勤めだと私は思うのです。

これをあまり考えていない親御さんが多いので、

子供が勉強というものをかなり曖昧に解釈をしています。

だから子供の成績が伸びるのがちょっと悪いんですよね。

 

 

さて前置きがかなり長くなってしまいごめんなさい。

あなたにはまずは算数について、

ひとまずしっかりと考えて欲しかったのです。

 

 

ここからは年少さんの子供がどうやって算数を勉強していけばいいのか??

についてまとめたいと思います。

 

 

足し算を年少の子供に教えたいのであれば以下の記事から。

↓ ↓ ↓

年少の子供が足し算ができるようになる方法とは!?

 

 

年少の子供に算数を教える方法とは??やっぱり難しいのですか??

 

 

 

 

何度も申しますが算数には種類があるのです。

足し算、引き算などの計算問題。

図形などの幾何学的な問題。

などなど種類があるのが算数になるのですよ。

 

 

まぁ、他の科目も同じように種類を分けることができますが…

算数という科目を年少に教えたいということなので、

あなたは算数の中の全てを勉強して欲しいと考えているのでしょう。

 

 

さて、年少の子供に算数を教えるのですが、

一体どうやって教えたらいいのでしょうか??

 

 

あなたが先生となって教えるのであれば教材は手放せません。

 

 

やっぱり教材が必要なのは間違いありません。

別に教材がなくてもできると思うのですが、

教えるための指標が欲しいとあなたは感じませんか??

 

 

だって教えるにしても何かしらの物がないと

教えるのになかなか教えることができない。

何をどう教えたらいいのか訳が分からなくなる…

という問題に直面してしまう可能性がありますから。

 

 

なのでまずは教材をあなたには準備して欲しいのです。

それで今度は教材選びに悩んでしまうでしょう。

この教材選びに関してですが、

本屋に売ってあるものでも全然かまいません。

 

 

最近の幼児向けの教材って中身を開いてみると、

かなりしっかりと作られているので、

親御さんが先生となって教えても問題がないようになっているのです。

 

 

幼児教室の体験教室を巡る方法も私的におすすめしたいです。

 

 

幼児教室というのは体験教室が用意されています。

なのでこの体験教室を徹底的に利用するのですよ!!

 

 

幼児教室では幼児を相手に授業をしているプロです。

なのでその人たちから勉強の方法を教えてもらえればいいのですよ。

そしたらあなたの知識もどんどんと増えるので、

その知識を子供に披露すれば子供の知識は増えます。

 

 

無料でできる方法なので、

気軽にやってみてはいかがでしょうか??

やはりプロ直伝の技を

子供に直接教えることができれば子供の成長は早いです。

ですがその分の金銭的投資があなたにのしかかってくるので、

この点をしっかりと考えてもらえればなと私は思います。